構造見学会 ありがとうございました。

12月7日、8日の両日に渡って

好間町上好間での構造見学会に

ご来場頂きありがとうございました。

来場した方から、外での気温と

室内の断熱材の違いによる保温効果を

体感して頂き「あったかいですね」と

言っていただけて実感を伝えられたかなと

思っています。また、完成見学会を是非

みたいとのリクエストもありましたので

是非準備をしたいと思っております。

本当に有難うございました。

20191208%20003-1.jpg

20191208%20004-1.jpg

SWに取り組みはじめました

当社では、次世代の住宅建築にも取り組みを開始しました。
ZEH(ゼッチ)ビルダー登録を皮切りに
現在SW(スーパーウォール)にて建築も始めました。

sw20191-1.jpg

SW(スーパーウォール)って何?まず思われますよね。
温度差が少なく高断熱・高気密・高耐震などを兼ね備えた
株式会社LIXILさんが提案する住宅建築になります。
主な概要はこちらから・・。

sw20192-1-2.jpg

住まいの断熱性を高めると家の中での温度差が少なくなり、
ヒートショック防止にも役立つんです。
また、部屋間の温度差だけでなく、1階2階との温度差も
少ないことも実証されています。

家中の暖かなことは、見えない隙間がないことや気密性の
高さを実感できます。
またSW(スーパーウォール)を取り入れたは健康全般が
改善したとの調査結果もあります。

sw20192-1-3-12.jpg

計画換気システムで24時間空気を保つように出来ています。
また、カビやダニの繁殖を抑えることが期待でき、PM2.5や
花粉などの侵入も大幅なブロック効果も期待できます。
換気システムは建物の条件等により選ぶことが可能になってます。

sw20192-1-4-1.jpg

自然災害は誰にでもいつでも起こるということを常に考えて
おかなければならないのかもしれません。
東日本大震災や台風や竜巻など災害の備えを万全にしなくては
ならないと特に思います。

SW(スーパーウォール)の高性能パネルは建築基準法で木造最高レベル
「壁倍率5倍」を取得しております。基本パネルでも2.5倍ですので
効率よく耐力壁を配置することができます。
地震対策にも効果を発揮出来ますし、場所や条件等が全て整った場合、建築基準法の
最高基準耐震等級3の性能をもつことも出来る場合があり、より安心な住宅と
言えると思います。
耐震等級3のレベルは防災拠点レベルの建物(警察署・消防署)等と同様です。

sw20192-1-5-1.jpg

SW(スーパーウォール)で使用している断熱材は高性能な硬質ウレタンフォーム
で、特長は湿気を通しにくく、グラスウールのおよそ2倍の断熱性能、壁の内部結露
を抑えることが出来るようになっています。

sw20192-1-6-1.jpg

2020年ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が国の省エネルギー
施策の目標に合わせてSW(スーパーウォール)も取り組めている住宅です。
太陽光発電を利用すればエネルギー収支がゼロになる住宅をゼロエネ住宅と
いいます。更にモニターの使用で省エネ効果を見える化していきます。

sw20192-1-7-1.jpg

暮らしにおける音のストレスを軽減出来るのもSW(スーパーウォール)です。
住まいの遮音性は高気密施工によって出来るものです。
80デシベルの音を50デシベルまでに減衰出来る効果があります。

簡単なご案内ではありますが、SW(スーパーウォール)工法で、
現在建築中の現場もございますので、当社まで遠慮なくご連絡を
お願いします。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料詳しくはこちら

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料詳しくはこちら

メニュー